“紅脂”の読み方と例文
読み方割合
べに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
成程、今の世、実事によくうつすを好む故、真の家老の身振口上をうつすとは云へども、さらばとて、真の大名の家老などが、立役の如く顔に紅脂白粉をぬることありや。
実物と模型 (新字旧仮名) / 相馬御風(著)
七歳の時紅梅を御覧じて「梅の花紅脂のいろにぞ似たる哉阿古が顔にもぬるべかりけり」十一の春(斉衡二年)父君より月下梅といふを玉ひたる時即坐に「月、 ...
七歳の時紅梅を御覧じて「梅の花紅脂のいろにぞ似たる哉阿古が顔にもぬるべかりけり」十一の春(斉衡二年)父君より月下梅といふを玉ひたる時即坐に「月、 ...