灰神楽はいかぐら
アッと思う間に、相手は、まるで泥で拵えた人形がくずれでもする様に、グナリと、前の机の上に平たくなった。顔は、鼻柱がくだけはしないかと思われる程、ペッタリと真正面に、机におしつけられていた。そして、その顔の黄色い皮膚と、机掛の青い織物との間か …
作品に特徴的な語句
そま どう いず ひそか めぐら など じょう もく だけ 最早もは うたぐ あるい おろか しん ベル かさな 翌朝よくちょう こら かたま あけ よご 沙汰ざた 此上このうえ きま 机掛つくえかけ ため 獣物けもの 申出もうしいで 打殺うちころ わざ まなこ こわ から 立籠たちこ すで たま 外見そとみ そと おさ くつがえ 見別みわ くだ なか 前額ぜんがく すべ はかりごと 其上そのうえ わずか かわ 使つかい あいだ 野卑やひ いとま 駄目だめ 沢山たくさん 河合かわい あご 鞠投まりな まり ようや 濛々もうもう 露顕ろけん がた 火箸ひばし 障子しょうじ 隙間すきま はげ 無様ぶざま 焦燥しょうそう 物乞ものご へだ 理窟りくつ 田畑たはた 田舎いなか すみ 畢竟ひっきょう しゃく 皮膚ひふ おちい 益々ますます そう 相対あいたい 閑却かんきゃく 葛藤かっとう 苦悶くもん 膝頭ひざがしら 耳許みみもと 躊躇ちゅうちょ 跫音あしおと