山越しの阿弥陀像の画因やまごしのあみだぞうのがいん
極楽の東門に向ふ難波の西の海入り日の影も舞ふとかや 渡来文化が、渡来当時の姿をさながら持ち伝えていると思われながら、いつか内容は、我が国生得のものと入りかわっている。そうした例の一つとして、日本人の考えた山越しの阿弥陀像の由来と、之が書きた …
作品に特徴的な語句
たわ 群集くんじゅ すべて 目眩めくるめ 横川よがわ うつ ぎょう すこ ばなし およそ かえっ 口遊くゆう もっとも まさ 日晷ひかげ 歿ぼつ いか しし 花摘はなつみ おび 読誦どくしょう たん あらかじ とも にわ 化尼けに むしろ 当麻たぎま しん たちまち 日祀ひまつ しょう つなが あた 脇士わきじ おのずか わか 語部かたりべ あき たま あらわ 風猛かざらぎ なが ほの 仔細しさい 伝播でんぱ おもかげ 南家なんけ 卜法ぼくほう 大仁おおひと 失踪しっそう すす くわ うば しばしば 山籠やまごも わか 帝釈たいしゃく ついで 弥陀みだ 御代みよ 御伴おとも 御宇ぎょう 恰好かっこう ことごと いよいよ 所謂いわゆる おお 摸写もしゃ 根来ねごろ 梵天ぼんてん 淼々びょうびょう わた たた さざなみ 為方しかた 為来しきた すす たま ほぼ あぜ あと やしろ ほこら まれ やや うかが
題名が同じ作品
山越しの阿弥陀像の画因 (新字旧仮名)折口信夫 (著)
山越しの阿弥陀像の画因 (旧字旧仮名)折口信夫 (著)