“射損”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いそん71.4%
いそく14.3%
ゐそん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“射損”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史2.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その私が、塀外から狙ったにしても、二間や三間のところで、お通さんの眼玉を射損いそんじる筈はありません。
拝見の博士はかせの手前——まで射損いそんじて、殿、怫然ふつぜんとしたところを、
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
紺の糸をくちびる湿しめして、指先にとがらすは、射損いそくなった針孔を通す女のはかりごとである。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
是等これら石鏃せきぞくは鳥獸獵のさい射損ゐそんじて地にちたるものなるべく、其存在の事實じじつは、如何にコロボックルが鳥獸捕獲ほくわくの爲め高山に登りし事有るかを告ぐるものたり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)