さくら
桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命をかけてわが眺めたり さくら花咲きに咲きたり諸立ちの棕梠春光にかがやくかたへ この山の樹樹のことごと芽ぐみたり桜のつぼみ稍ややにゆるむ ひつそりと欅大門とざしありひつそりと桜咲きてあるかも 丘の上の桜さく家 …
作品に特徴的な語句
くだかけ いつは 素直なほ いね 可愛かあ 女王によわう はした 幼稚をさな 遊女いうぢよ しる 気難きむづ とつ 移植うつ 真額まひたへ かし 大寺おほでら つま いへ 桜花さくらばな しゆ 折々をりをり かな 黒玉ぬばたま 一声ひとこゑ 一色いつしき をち 今日けふ つの えう かひな うごか 白刃しろは かわ 生魚なまざかな へい いつ 月夜つくよ 春陽はるひ かぞ ゑが ねもごろ こずゑ うつ しづく 長閑のど 長道ながて 遠雷とほいかづち 遠方をちかた とほ 豪華がうくわ 許多ここだ 薄汚うすよご つぼ ばな 良子ながこ ほぞ べに 砂塵さぢん 真玉まだま さか 白衣びやくえ しら 畜生ちくしやう 狂人きちがひ てら こま 浮木ふぼく あゆ 棕梠しゆろ 桜花はな 春花はるはな 春光しゆんくわう 日和びより 提灯ちやうちん 憂鬱いううつ くづ むか 大烏おほがらす はか