双生児そうせいじ――ある死刑囚が教誨師にうちあけた話――――あるしけいしゅうがきょうかいしにうちあけたはなし――
先生、今日こそは御話することに決心しました。私の死刑の日も段々近づいて来ます。早く心にあることを喋って了って、せめて死ぬ迄の数日を安らかに送り度いと思います。どうか、御迷惑でしょうけれど、暫らくこの哀れな死刑囚の為に時間を御割き下さい。 先 …
作品に特徴的な語句
あき よこたわ のろい ころが 絞殺こうさつ 惹起ひきおこ 小刀ナイフ もも たま まとま ねじ すべ わずか しば 彼奴きゃつ たく ひき きま こも 矢庭やにわ ひた そう しわ おこり 犠牲ぎせい 灌木かんぼく 瀕死ひんし ようや 滑稽こっけい 渾身こんしん 黒子ほくろ 貪婪どんらん 下関しものせき 餞別せんべつ ページ 陥穽かんせい 閨房けいぼう ほとばし まで のき もら 紙片かみきれ 詳敷くわし かく ふすま 落魄らくはく 莫大ばくだい 自惚うぬぼ かか 細引ほそびき 千鈞せんきん むし 家督かとく うち さまた 大島おおしま しゃべ のど 可笑おか もっと 勿論もちろん 俘虜ふりょ しか 仮令たとい 些細ささい しま 愈々いよいよ わざ よう これ おい こしら 手拭てぬぐい 手抜てぬか 態々わざわざ うら 張合はりあい かど 平常ふだん 巌乗がんじょう かさ 履行りこう