“てぬぐい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手拭99.2%
手巾0.4%
手抜0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あれ、貴方……お手拭をと思いましたけれど、唯今お湯へ入りました、私のだものですから。——それに濡れてはおりますし……」
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手巾を出してを払う)少し急いで歩いたものだから、汗がじっとりしたよ。(額や首をふく)
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
は、今でも埋火を掛けて暖めながら、飴ん棒と云う麻殻の軸に巻いて売る、かな祭礼でも、びたもので、お市、豆捻薄荷糖なぞは、お婆さんが白髪手抜を巻いて商う。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)