“虱潰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらみつぶ97.1%
しらみつぶし2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外出先の伯爵を適当に嬢がアヤなしている間に、これらの者たちが躍り込んで一挙に、虱潰しの家宅捜索を行うことに方針が決まった。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
構ふことはねえから、一軒一軒虱潰しに調べろ。いづれは浪人者か主人持か、二本差の仕業に違ひあるめえが、腕の立つ奴に油斷をするな。
一方皆川半之丞のところに集る四五人の弟子の身許を、一人々々虱潰に調べさせた下つ引は、思ひも寄らぬ不思議な事を聞込んで來ました。