“しらみつぶ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
虱潰97.1%
虱殺2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一軒一軒虱潰しに出所を調べてまわっても構わない覚悟で、飯田町一帯の材木置場の隅から隅まで鋸屑を掻きまわしたもんだ。
近眼芸妓と迷宮事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
大月にまでも援助を申出た彼等は、二階の洋服箪笥の隅から階下の台所の流しの下まで、所謂警察式捜査法でバタリピシャリと虱潰しにやり始めた。
闖入者 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
虱殺しに調べて行くと、果せる、帰朝後半年も経たぬうちに、直方小学校の七夕会の陳列室で、五年生の成績品のうちにIの名前を発見した。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)