“査”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しら90.0%
あらた10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“査”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 評論 エッセイ 随筆40.0%
芸術・美術 > 工芸 > 金工芸25.0%
文学 > 英米文学 > 戯曲22.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
最初の氷は特に興味あり、完全なもので、堅く黒っぽく透明で、水の底の浅いところをしらべて見るのに絶好な機会をあたえた。
この疫病の原因がしらべられたが、さうすると次ぎ/\と色々な事實が現はれて來た爲めに世間の人々の憤怒は極度に達したのである。
其所そこへのっそり帰って来たのが亭主の磯吉である。お源は単直いきなり前借の金のことをいた。磯は黙って腹掛から財布を出してお源に渡した。お源は中をあらためて
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)