“単直”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いきなり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“単直”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其所そこへのっそり帰って来たのが亭主の磯吉である。お源は単直いきなり前借の金のことをいた。磯は黙って腹掛から財布を出してお源に渡した。お源は中をあらためて
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)