“しようめん”の漢字の書き方と例文
語句割合
正面100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『や、寢※ぎたぞ。』と飛起き、衣服め、櫛髮つて、急足食堂ると、壯麗なる食卓正面には規則としてのビール船長威儀して着席し、それより左右兩側
大火災のときは、地震とは無關係に、旋風ちである。火先正面前進するとき、には塵旋風づくべきものがる。川筋した廣場移動旋風によつてはれい。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)