くす)” の例文
箱の前には小さな塗膳があって其上に茶椀小皿などが三ツ四ツ伏せて有る其横にぼった凉炉が有って凸凹した湯鑵がかけてある。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
其麽時は、恰度、空を行く雲が、明るい頭腦の中へサッと暗い影を落した樣で、目の前の人の顏も、原稿紙も、何となしにんで、曇つて見える。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
とこれから足を洗って上へ通ると、四尺に三尺の囲炉裏に真黒な自在を掛け、ぶった薬鑵がつるしてあります。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
斯うして汝等と同じ安泊ぶりおるが、伊勢武熊は牛飼君の股肱ぢやぞ。牛飼君が内閣を組織した暁は伊勢武熊も一足飛に青雲に攀ぢて駟馬つ事が出来る身ぢや。
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
英国の名高い俳優がある時、倫敦ぼつた市街をぶら/\歩いてゐると、大きな紙包を抱へ込んで、ある雑貨屋から飛び出して来た男が、ふと俳優の顔を見るなり
武市が桃井春蔵の道場にぶっていたころのことだの、桂が斎藤塾の塾長をしていた貧乏時代のことだのを、お菊ちゃんは知ってるだけ、棚下ろしをして、溜飲を下げた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
内陣には御主耶蘇基督画像の前に、蝋燭の火がぶりながらともつてゐる。うるがんはその前に悪魔をひき据ゑて、何故それが姫君の輿の上に乗つてゐたか、厳しく仔細を問ひただした。
悪魔 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「そうだ、年はりたくないね、いうちに早く死ぬる方が、人にも惜まれて好いな、今日の追悼会の人達も生きておる時は、つまらん奴が多かったが、死んでしまや、国士だ、落伍者になって、ぶって死ぬるのはいけないね」
雨夜続志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
其麽時は、恰度、空を行く雲が、明るい頭脳の中へサツと暗い影を落した様で、目の前の人の顔も、原稿紙も、何となしにんで、曇つて見える。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
狩野風んだ衝立の絵の蔭に、磯貝十郎左衛門がひとり、と、坐っているだけだった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五十を五つ六つ越えたらしい小さな老母がぶった被中炉に火を入れながらつぶやいた。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
柱も廊下も、寺のように大まかな建築だが、まだ縁の下には枯れないが埋まっているのである。なんのみもなければしさもない。家具もも、すべてが目に痛いほど新しかった。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金屏銀燭のまえに、桃山刺繍のうちかけを着、玉虫色のくちびるを嫣然と誇示している時の吉野太夫よりも、このんだ百姓家の壁と炉のそばで、あっさりと浅黄木綿を着ている彼女のほうが
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
低い達磨部屋の戸の隙から、んだ灯の色が洩れている所へ寄ると
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)