“北畠”の読み方と例文
読み方割合
きたばたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これからはまた新田の力で宮方も勢いを増すでおじゃろ。北畠が絶えたは惜しいが、また二方が世にれておじゃるから……」
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)
北畠浪人で別部伝九郎さまといえば、中国すじから関東まで知られた勇士だ、いまに鬼剛兵衛なんぞは地面へはわせてやるから見ていろ
だんまり伝九 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
北畠権中納言具行の手で、天皇後醍醐の御名による徴兵の秘勅が、諸国の武門へむかって発せられた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)