“北畠信雄”の読み方と例文
読み方割合
きたばたけのぶお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにあるべきはずの北畠信雄は、蒲生賢秀とともに江州の土山にたてこもり、いまなお伊勢伊賀の叛乱軍と抗戦中なることも来て見てわかった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
密使の津田藤三郎信勝は、織田家の血につながる一人で、北畠信雄とは、再従弟にあたっている。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とは、民衆の中にあるしき焦躁であった。その気もちは、信長の第二子北畠信雄と、三男神戸信孝るにたいして、当然抱かずにいられない一般の同情でもあったのである。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)