“御祭神”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごさいしん50.0%
ごさいじん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御祭神”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究13.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
問『産土神うぶすなのかみそのほか御祭神ごさいしんみな竜神様りゅうじんさまでございますか?』
一つはすぐれた人霊じんれい御祭神ごさいじんとしたもので、橿原神宮かしわらじんぐう香椎宮かしいのみや明治神宮めいじじんぐうなどがそれでございます。
またの一つは活神様いきかみさま御祭神ごさいじんいたしたもので、出雲いずも大社たいしゃ鹿島神宮かしまじんぐう霧島神宮等きりしまじんぐうなどがそれでございます。