“大社”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいしゃ62.5%
おおやしろ25.0%
たいしや12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大社におりするとみやげ物としてどの店にも山ほど並べている。だが出雲の焼物の中でこの「出雲焼」ほど醜悪な貧弱なものはない。
雲石紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
また鰐淵寺頼源大社孝時らの、つまり武士でない社寺側と船上山との往来も、公然とひらかれて来て
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人民などはたいていやはりのまゝのられたとはれますし、ことに伊勢大神宮出雲大社のような神社
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)