“鮮妍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんけん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鮮妍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
野には晩春を咲越へて、なほ衰へを見せない花、すでに盛夏を導いて魅力ある花、それ等に交り、当期の花は鮮妍せんけんを競つて盛上つてゐる。
初夏に座す (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
牡丹ぼたん芍薬しゃくやくの花極めて鮮妍せんけんなれどもそのおもむき決してダリヤと同じからず、石榴花ざくろ凌宵花のうぜんかつらさながら猛火の炎々たるが如しといへどもそは決して赤インキの如きにはあらず。
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)