“おしむべくは”の漢字の書き方と例文
語句割合
可惜100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
到底その任にあらざることは知りながら、ことわることのいたって下手な小生のこととて、ついうかうかとひき受けて、この駄文を草し、可惜おしむべくは錦上枯木を添ふるの不風流をあえてした。