“おし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オシ
語句割合
22.3%
19.7%
15.2%
9.8%
8.4%
5.7%
3.7%
2.9%
2.8%
唖者1.7%
御師1.5%
鴛鴦1.1%
1.1%
0.6%
0.6%
可惜0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
圧石0.1%
押機0.1%
0.1%
0.1%
唖児0.1%
唖子0.1%
御為0.1%
0.1%
0.1%
聾唖0.1%
聾唖者0.1%
被言0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、いつの間にか、彼女は、になっていたのだ。怪物の手の平が、ギュッと鼻口をって、呼吸さえ思うようにはできなかった。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
小芝居や、素人まじりの改良文士劇や、女役者の一座の中で衰えさせてしまうのかと、その人の芸がくって、静枝は思わず涙ぐんだ。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
と、母親えました。するとみんな一生懸命、グワッ、グワッと真似をして、それから、あたりのきな見廻すのでした。
彼が「俗なほかくのごとし」として僧侶にえる美徳は、すべて儒教の徳なのであるが、彼はそれを仏徒にもふさわしいと見るのである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
の強い事ばかり云つて。の気も知らないで」と梅子は誠吾の方を見た。誠吾はをして、ぽかんと葉巻いてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「ふゝん! それでも少しは変な気がする筈だ。……変な気がするだろう!」負けみを言うな、譃だろう、というように冷笑する。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「もしどうしても返さなかったら」の一念が起ろうとする時、自分はつけられるような気がするのでその一念を打消し打消し歩いた。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そこにいまは、かのノ大蔵にあざむかれた吐雲斎の毛利時親が、茶いろの眸を、らんといで、太い獄格子に、つかまっていた。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(やっぱりツェラの高原だ。ほんの一時のまぎれみなどは結局あてにならないのだ。)う私は自分で自分にえるようにしました。
インドラの網 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
唖者娘のいちが、ときどき夜なかになにか持って出てゆく、それがべ物らしいので、たぶん権八のところへ届けるのだろう、ということであった。
ちくしょう谷 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
明藤開山、藤原角行(天文十年—正保三年)が開拓して、食行身禄(寛文十一年—享保十八年)が中興した登山口だけあって、旧御師町らしいと思わせる名が
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
夫婦してつコップから好きな酒を飲み合い、暫時も離れぬので、一名鴛鴦の称がある。夫婦は農家の出だが、別にす可き田畑もたぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
燈火ずるころ、かの七間四面の堂にゆかたの男女入りて、をたつるの地なし。も若かりしころ一度此堂押にあひしが、上へあげたる手を下へさぐる事もならざるほどにけり。
同一の原因が相撞着する結果を生じて而も論理に戻らない。すべての色と其色合とが、器械の一で、紙に刷られて、生と名づける靈妙の畫を成すのである。
落葉 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
かの魚類といえども生命をむの情に至っては人間と同じ事である。もしあなたの失うた愛児を悲しむの情が真実であるならばなぜかの残忍なる網打を止さないか。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
こうして大きく成って、可惜いようなものだが、仕方が無い。行く行くは一軒別にでもして、彼女が独りで静かに暮せるようだったら、それが何よりですよ
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
四つか五つの時分に、焼火箸つけられたは、今でも丸々した手の甲の肉のうえにのように残っている。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「ううむ。成人したのう。やはり旅の風は人の子に世を歩む道をえてくれる」
剣の四君子:03 林崎甚助 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
心細さに馬夫に物言ひ掛くれば、聞き分き難き聲立てゝ、指を唇に加へたり。さてはなるよと思ひぬ。
お登和嬢「あれは開いた鮎へ沢山な塩を当てて樽へ詰めて圧石を置いてちょうど沢庵漬のようにしておきます。 ...
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
鮎の腹へす位に詰めて手でよく抑えてそれから鮓箱へ入れますが鮓箱がなければ落し蓋のある箱へ並べて薄く切った生姜をバラバラと載せて蓋の上から圧石
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
を聚めしかども、軍をえ聚めざりしかば、仕へまつらむと欺陽りて、大殿を作りて、その殿内押機を作りて待つ時に、弟宇迦斯まづまゐ向へて、みてまをさく
「僕が兄兄宇迦斯、天つ神の御子の使を射返し、待ち攻めむとして軍を聚むれども、え聚めざれば、殿を作り、その内に押機を張りて、待ち取らむとす、かれまゐ向へて顯はしまをす」
幼年より病身と雖も御惣領なれば家督に立給しが綱教卿も同年九月九日御年廿六にて逝去なり然るに次男頼職卿早世なるに紀伊家は世繼たるが如し三信房卿同家へ養子せられてれ共外に御血筋なき故まづ左京太夫頼純の四男宗通の次男を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見定出帆然るべしといふ吉兵衞め皆々今日のごとき晴天によも雨下しなどのは有べからずと思へば杢右衞門又々水差に向ひ成程足下の云るゝ處も一理なきにも有ねど天氣なればよも難風など有まじく思ふなり出帆すべく存ずると云に水差も然ばとて承知し兵庫の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そこまでがほんとの話で、突然、まつはいとみなゃんすけれどもなア——とケロケロといだすのだった。そして小首をげて
それと一緒に口数が少くなって、ちょっと見ると唖児ではないかと思われるほど、静かな児になった。そうして時たま口を利く時には、その大きな眼を一パイに見開いて、マジマジと相手の顔を見る。
人の顔 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
君方小刀細工やらずに、マトモに出ると、此後私ア唖子になって君方の名誉を保って上げるが、君方ア判官や検事を欺こうと謀っていろ/\ワルサをやるからワシは唖子になる事は出来ません。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
すると母は真面目な顔をして、「二郎、御前がいなくなると、しい上にも淋しくなるが、早く好い御嫁さんでも貰って別になる工面御為よ」
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
王実は牛がく死を懼れ羊は殺さるるも鳴かぬ故、小の虫を殺して大の虫をかせてふ意でかく言ったのだが、国人は皆王が高価な牛をんで、廉価の羊と易えよと言ったと噂した。
その女はのように口をきかぬとS—は言った。もっとも話をする気にはならないよと、また言った。いったい、やはり瘂の、何人位の客をその女は持っているのだろうと、その時喬は思った。
ある心の風景 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
聾唖の木魚の阿呆陀羅経だよ。さてもるにスカラカ、チャカポコ。そもやホントウ民衆国は。表向きでは世界の強国。世界一ならお国の自慢じゃ。自由正義の本場ときまった。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
何かの宣告のような……地獄のづれのような……この世のおわりのような……自分の心臓に直接に触れるようなそのノックの音を睨み聾唖者のように藻掻いた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
復活祭前新調胴衣たとうて、裁縫師ひ、しいけをったとうて、誰某とも爭論うた。それでゐて鬪爭をすまいぞと異見めいたことを被言ゃるのか?
しかし忠兵衛は大家若檀那りで、金をつことにこそ長じていたが、んでこれを使うことを解せなかった。工事いまだならざるに、費す所は既に百数十両に及んだ。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)