“手品使”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てじなつか66.7%
てじなつかひ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“手品使”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会 > 社会学3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これに拠りますと、彼らの職業は主として狩猟でありまして、常に弓馬に熟し、また剣舞の様な事、大神楽だいかぐらの様な事、人形舞わし・物真似ものまね手品使てじなつかいの類、種々の伎芸をやっておった。
手品使てじなつかいの少年
金の目銀の目 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
その上、どうせもう死んでしまはうと思つたくらゐですから、長く生きてゐたい気もありませんので、無患子むくろじの実のあるかぎり見事なシャボン玉を吹き上げたら、国一番の手品使てじなつかひの名前を残すにちがひありません。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
さういふわけでございますから、なくなつた子供を生き返らして下さいますか、わたくしをこのまゝ死なして下さいますか、どちらかにして下さいませ。わたくしは手品使てじなつかひでございますし、あなたは魔法使でございますから、いはゞわたくしはあなたのちつぽけなお弟子みたいなものであります。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)