“無患子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むくろじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“無患子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ハボンスは無患子むくろじの実がなくなるまでと思つて、毎日広場へ出かけました。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
そして彼は、魔法使まはふつかひばあさんからもらつた無患子むくろじの実を取出し、種のまはりに残つてる肉をすつかり銀のはちにはぎ落し、それに湯を少しさして、わづかばかりの汁をこしらへました。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)