“無患子”の読み方と例文
読み方割合
むくろじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
考へてみると、お前の心はいかにも可哀さうだ。わたしが少し力をかしてあげよう。こゝに無患子の実と銀のとがある。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
無患子の実のあるかぎり見事なシャボン玉を吹き上げたら、国一番の手品使の名前を残すにちがひありません。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
ハボンスは無患子の実がなくなるまでと思つて、毎日広場へ出かけました。そしていろんな物の形をシャボン玉で吹き上げて、しまひにはいつも自分の子供の姿を見せました。
シャボン玉 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)