“鷺流”の読み方と例文
読み方割合
さぎりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに老人がいた、大沼勘六、その名を聞け、彼は名取の狂言師、鷺流当代の家元である。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鷺流和泉流大蔵流である。ただし現在では鷺流は滅びて、二流だけになっている。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「ああ、婦人だ。……鷺流ですか。」
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)