“大蔵流”の読み方と例文
読み方割合
おおくらりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣り屋敷の小笠原隼人の奥では、今日も、大蔵流小鼓の音がしていた。世間、能流行なのである。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鷺流和泉流大蔵流である。ただし現在では鷺流は滅びて、二流だけになっている。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
大蔵流京笛御指南鷺江ゆき女。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)