“大蔵経”の読み方と例文
読み方割合
だいぞうきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鉄眼は、人も知る通り、一生涯のうちに、大蔵経版木を完成して、後世の文化に伝えようという悲願を立てた僧である。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昔から小説家は必ず主人公の容貌を極力描写することに相場がきまってる。古今東西の言語で、佳人品評に使用せられたるものを列挙したならば、大蔵経とその量を争うかも知れぬ。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
岩を机とし、獣油をし、かれは、さながら大蔵経を写しにかかる行者のごとく、端然と洞穴にこもって、自分の血とぎらん草の汁へ筆をぬらしはじめた。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)