“経本”の読み方と例文
読み方割合
きょうほん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白絹でつつんで、さらに、で抱いた愛らしい一帖経本がはいっていた。紺紙に金泥の細かい文字が、一字一字、精緻な仏身のように、端厳な気と、精進の念をこめて、書かれてあった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほとんどすべて、この玄奘三蔵の訳した経本を指しているのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
経本もって、小本をもって
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)