“仏本行経”の読み方と例文
読み方割合
ぶつほんぎょうきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取彼乳糜如意飽食悉皆浄尽。』——仏本行経七巻のにも、あれほど難有い所は沢山あるまい。——『爾時菩薩食糜已訖従座而起安庠漸々向菩提樹。』
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)