木の子説法きのこせっぽう
「——鱧あみだ仏、はも仏と唱うれば、鮒らく世界に生れ、鯒へ鯒へと請ぜられ……仏と雑魚して居べし。されば……干鯛貝らいし、真経には、蛸とくあのく鱈——」 ……時節柄を弁えるがいい。蕎麦は二銭さがっても、このせち辛さは、明日の糧を思って、真面目 …
作品に特徴的な語句
ぐい おおきな はい たくらみ 三個さんにん やじり 生出はえい さかさま なや 抽出ぬきいで 祖父じじい ひとつ 空腹ひだる とどこおり しきり 上被うわっぱ にぎやか ことば ひよけ とっ あかる なぞ 内証ない ことづ 徒歩てく 引掻ひッか つらな 小作しょうさく しん じょう かみ なま おおき 地方いなか 四歳よッつ 一二おいちに げん はし におい たか つる かさな 酒気さけけ さかさ よそおい 蒼蠅あおばえ 自恃ほこり まつ くれない かご 空腹すきはら 白頭しろがしら もぐ すずし きたな しに さす ひしゃ 打振うちふる 引着ひッつ ひっ わか ぜん しょう あらわ あね ほし ばあ 嬰子あかご つら ふる 仕済しすま ざま 一臠ひときれ はげ 菜漬はづけ じっ ひろが 一齣ひとくさり くび 金子かね 三下さんした はじ 引剥ひっぱ 気振けぶ 出立いでた 手練てだれ 思迫おもいせま