木の子説法きのこせっぽう
「——鱧あみだ仏、はも仏と唱うれば、鮒らく世界に生れ、鯒へ鯒へと請ぜられ……仏と雑魚して居べし。されば……干鯛貝らいし、真経には、蛸とくあのく鱈——」 ……時節柄を弁えるがいい。蕎麦は二銭さがっても、 …
作品に特徴的な語句
凄味すごみ 裏店うらだな たこ 盂蘭盆うらぼん あん 櫛巻くしまき かも 人身御供ひとみごくう 冷汗ひやあせ 麦藁むぎわら 雑魚ざこ 息吹いぶ 一室ひとま 駒下駄こまげた 脚気かっけ 端書はがき まんじ 気振けぶ 菩薩ぼさつ 案内あない ひよけ 猿股さるまた 篠懸すずかけ 蹴散けち きのこ 野幇間のだいこ 屑屋くずや たら 下人げにん あわび 吉左右きっそう かじ 海女あま 初茸はつたけ 桶屋おけや 日南ひなた 洋杖ステッキ もすそ 起居たちい 奴等やつら 白妙しろたえ 裾模様すそもよう 駄洒落だじゃれ 金泥きんでい しの 轆轤ろくろ 挿画さしえ 祭礼まつり 諸手もろて 内証ない 崖下がけした 抽出ぬきいで 生姜しょうが 二品ふたしな 突張つっぱ すげ きのこ 劫火ごうか 医師いしゃ 毬栗いがぐり はげ 判官ほうがん 刺々とげとげ 夥多おびただ 押戴おしいただ 海松みる みゃく 雨落あまおち 禁厭まじない 真正面まっしょうめん 引掻ひッか 這出はいだ 雨樋あまどい 笑声わらいごえ 兀頭はげあたま 引掴ひッつか 附着くッつ 大字だいじ 紅茸べにたけ 空腹ひだる 物好ものずき 芳年よしとし 遁出にげだ 蒼蠅あおばえ 三下さんした せん 檜笠ひのきがさ 爪紅つまべに 真俯向まうつむ けら 谿河たにがわ 軒前のきさき 化鳥けちょう 地方いなか 白頭しろがしら 突切つっき 菜漬はづけ 手練てだれ