“引着”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひきつ33.3%
ひきつけ33.3%
ひッつ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“引着”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
引着ひきついてなやませる。
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いいえだれにもんなことを言った事はないのです。けれども何んだか貴様あなたには言って見とう感じましたから遠慮もなく勝手な熱を吹いたので、貴様には笑われるかも知れませんが。僕にはやはりあやしの運命が僕と貴様を引着ひきつけたように感ぜられるのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
取着き引着ひッつき、十三の茸は、アドを、なやまし、なぶり嬲り、山伏もともに追込むのがじょうであるのに。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)