“鹹酸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
からす50.0%
にがり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の娘は女学校へやッても、味噌汁一つえられない、どうも味噌汁が鹹酸くッていけない、などいう人もあるが、味噌汁の鹹酸いのや、辛いのは我慢も出来る、また鹹酸いと思ッたら
人格の養成 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
若し鹹酸の味が過ぎて舌に刺激が強過ぎますと隙さずトーストパンの端を口へさし込んでやります。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)