“からす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
54.5%
44.5%
辛過0.2%
0.2%
鹹過0.2%
鹹酸0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれは佐々木小次郎だと、頻りに見得を切っていたが、もう相手はひとりもいないし、暮れてきた夜空には、も啼いていなかった。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
尾を振ってグウグウ唸って友を呼でいるのではないか。犬すらそうだ。また烏合という文字がある。もお友達を求め歩いている。
イエスキリストの友誼 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
はい旦那様も、賓客には八百膳仕出取寄せまして、今日向付肴甘酢加減甘味過ぎたとか、濃過ぎたとか、溜漬辛過ぎたとか小言つた身分でございますが
小心なが重そうに羽ばたきをして、烈しく風を切りながら、頭上を高く飛び過ぎたが、フト首を回らして、横目で自分をにらめて、きゅうに飛び上ッて、声をちぎるようにきわたりながら
あいびき (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
吸物の淡いのは食塩を加えて直ぐに味を直せますけれども鹹過ぎたのへお湯を注すとまるで味が抜けてしまいます。い田舎味噌は摺鉢で摺る時少しばかりお砂糖をると美味しくなります。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
の娘は女学校へやッても、味噌汁一つえられない、どうも味噌汁が鹹酸くッていけない、などいう人もあるが、味噌汁の鹹酸いのや、辛いのは我慢も出来る、また鹹酸いと思ッたら
人格の養成 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)