“がらす”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ガラス
語句割合
硝子83.5%
7.2%
5.2%
玻璃4.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れた硝子窓には日が当たって、ところどころ生徒の並んでいるさまや、黒板やテーブルや洋服姿などがかすかにすかして見える。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
赤穂浪人がどう立ち廻ろうと、主人の側近を、この三で囲んでいる以上は、指も触れさせる事ではないと、暗黙のうちに誓いを固め合っていた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのままお里に別れて橋を渡り過ぎながらふと見かえると、堤の柳は夜風に白くなびいて、稲荷のやしろの大きい銀杏のこずえに月夜が啼いていた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と云いながら出に掛ったが、玻璃でトーンと頭をつけて、てるから表へ出られやしません。