“ガラス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:がらす
語句割合
硝子95.2%
玻璃4.4%
玻瑠0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その前にはスエ子の誕生祝に三越へ行って硝子製の奇麗な丸いボンボンいれを買ってやりました。やすいもの、だがいい趣味のもの。
室内が煙で一ぱいになつたので南側の玻璃窓を開けた。何時しか夕暮が迫つて大川の上を烏が唖々と啼いて飛んでゐた。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
一つのテーブルの上には脚の折れた椅子さえ載せてあり、それと並べて振子の停った時計が置いてあるが、それには古風な銀器や玻瑠罎や支那陶器などが入れてあった。