“取寄”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とりよ91.7%
とりよせ8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“取寄”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
社会科学 > 政治 > 政治史・事情3.4%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
はい旦那様だんなさまわたくしも、賓客きやくときには八百膳やほぜん仕出しだし取寄とりよせまして
しもあの懐剣かいけんが、わたくしはかおさめてあるものなら、どうぞこちらに取寄とりよせていただきたい。
上方かみがたから吉野丸太よしのまるた嵯峨丸太さがまるた取寄とりよせての御建築ごけんちくとはえらいものや、じつ何御商法なにごしやうはふをなさるのかとかんがへてゐました
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)