“然諾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜんだく90.0%
ゼンダク10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“然諾”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——かようなことで戻って来たわけでした——偶然にも茶人の約束をたがえぬ風と、武士が然諾ぜんだくを重んじる節義とが
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お峯は彼が然諾ぜんだくさはやかなるにひて、紅茶と栗とのこれに酬ゆるの薄儀に過ぎたるを、今更に可愧はづかしく覚ゆるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
縦令タトヘ然諾ゼンダクシテシバラ相許アヒユルスモ
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)