“蛤屋”の読み方と例文
読み方割合
はまぐりや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堤の上の小さい松の並木、橋の上の人影までが、はっきり絵のように見える。自分は永代橋の向岸で電車を下りた。その頃は門並みに知っていた深川の大通り。蛤屋には意気な女房がいた。
深川の唄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)