深川の唄ふかがわのうた
四谷見付から築地両国行の電車に乗った。別に何処へ行くという当もない。船でも車でも、動いているものに乗って、身体を揺られるのが、自分には一種の快感を起させるからで。これは紐育の高架鉄道、巴里の乗合馬車の屋根裏、セエヌの河船なぞで、何時とはなし …
作品に特徴的な語句
はや うすっ ひらた きっ もう だて そら 三日さんにち ちいさ とま づれ 不揃ふぞろい あかる さわが おく 風俗みなり はず リョ 連続つなが すり おやじ 一片いっぺん 提灯ぢょうちん あが 日光ひかげ むらが 狼狽あわ 忍返しのびがえし 御在ござ うしろ のば 白眼しろめ みん 盲人もうじん あい うごか つる かさな おぶ きたな ばばあ ちかづ ゆす はね ほう 掛取かけと かか 綿めん 藤村ふじむら 往来おうらい 行燈あんどう 節廻ふしまわし 梅林うめばやし 幾筋いくすじ かど 欄干てすり 巴里パリー たくみ 大通おおどおり 正確たしか ごみ 此度こんど 此方こなた ほと 午過ひるす しきり あらわ 馬蹄ひづめ 頭髪かみのけ なん 二側ふたかわ にわ 乗換のりかえ ちょう すなわ 間取まど すべ 門並かどな 河船かわぶね 半纏ばんてん せば 水門すいもん きいろ 丈伸せのび かよ くら じじい てら なら