鯉魚りぎょ
京都の嵐山の前を流れる大堰川には、雅びた渡月橋が架っています。その橋の東詰に臨川寺という寺があります。夢窓国師が中興の開山で、開山堂に国師の像が安置してあります。寺の前がすぐ大堰川の流で「梵鐘は清波を潜って翠巒に響く」という涼しい詩偈そのま …
作品に特徴的な語句
まん とどま おろ しゃ よう ぼう しゃ あや 脱然だつぜん とお あた さか 馴染なじ しか ひび みや 竹箆しっぺい さい やか かか たえ ぺん むすめ すみや 逃亡とうぼう かれ 彼女かのじょ ひま まい こわ なら たす 薄紅うすべに だれ つかま おさ ぬぐ うかが 珍重ちんちょう つづみ 生飯さば 留守るす つか くせ 監督かんとく なが 瞑目めいもく みは ひとみ 禅寺ぜんでら けが 突出つきだ はし こも 粗末そまつ あみ 綺麗きれい みどり 翠巒すいらん はだ 腐肉ふにく うで はらわた いた とま 菓子かし 落髪らくはつ かげ 薄情はくじょう あし 行方ゆくえ たもと そで はだか たすき 附添つきそ たの きり 難儀なんぎ かく すき 間違まちが するど しず かね やかた やみ たたか