“腐肉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふにく88.9%
くされにく11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳥や死骸が、道ばたやにころがっていると、またたく間に繁殖して腐肉の最後の一まできれいにしゃぶりつくして白骨羽毛のみを残す。
蛆の効用 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
いやなお、どこかに生をんでいる限り、窒息の苦悩をしながら腐肉を抱えているものにすぎない。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)