“腐木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くちき57.1%
ふぼく42.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“腐木”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、俄然主税の体が、刀をしっかりと握ったまま腐木くちきのように地に仆れた。斬られて死んで斃れたのではなかった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
栗の木では栗鼠りすが鳴いていた。腐木くちきの洞では山猫が、何かに向かって唸っていた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
国をあげて、外敵にそなえた日の防柵ぼうさくや石垣や乱杭らんぐい腐木ふぼくなどが、今も川床かわどこや草の根に見あたらなくはない。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これを一に腐刑ふけいともいうのは、そのきずが腐臭を放つがゆえだともいい、あるいは、腐木ふぼくの実を生ぜざるがごとき男と成り果てるからだともいう。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)