つま
私はこんな手紙を貰った。—— 『パーヴェル・アンドレーヴィチ様尊下。御住居に程遠からず、すなわちピョーストロヴォ村に、惨澹たる事実の発生を見つつありますにつき、御一報申し上げますことを私の義務と存ずる次第であります。同村の農民はこぞって農舎 …
作品に特徴的な語句
外見みてくれ 暖炉カミン やま こやし うち 御免パルドン 構内やしきうち 召使しも 痴呆ばか しま 永遠とわ 短刀どす 多謝メルシ 代金だい 閣下エッチェレンツァ 悪戯わるさ 臓物もつ くしゃみ かたく 灯火あかり あた 魔王サタン きびす しん はじ ゆか どん 金切かなきり からす めし 鷓鴣しゃこ あぶら 花梨かりん 苦艾にがよもぎ さげす 階下した 薄焼ブリン 階上うえ のき ながえ かね 彼女あれ のぼ ひや 嘲笑あざわら 声高こわだか 孤児みなしご なだ うち やす 尾錠びじょう 山葵わさび 巨細こさい 底荷バラスト 神憑かみがか おび ものう 抽斗ひきだし くく かた もみ 三歳みっつ よだれ 温気うんき 牛蒡ごぼう 瞋恚しんい
題名が同じ作品
(新字新仮名)斎藤茂吉 (著)
(旧字旧仮名)横光利一 (著)