“花梨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かりん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花梨”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 自然科学 > 論文集 評論集 講演集5.9%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
プーンと醗酵はっこうしている花梨かりんれたかきは岩のあいだに落ちて、あまいさけになっている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、文彬ぶんぴん花梨かりんの大机から向き直って、正式に、何濤の手から公文を受領し、即座にそれをひらいてみた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)