“サ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:
語句割合
29.1%
9.1%
5.5%
5.5%
3.6%
3.6%
3.6%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
退1.8%
1.8%
1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
処が、一代前の宇多帝から数へ出すと、平安朝最初の天子、桓武天皇をしたことになる。年数は百年以上、といふ事が出来る。
万葉集のなり立ち (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
爾に其大神の髪を取りて、其室屋の毎にい著けて、五百引石を其室屋の戸に取えて、其妻須勢理毘売を負いて、其大神の生大刀生弓矢また其天詔琴を取り持たして、逃げ出でます時に
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
絶望のまゝ、幾晩も仰ぎ寢たきりで、目は晝よりもめて居た。其間に起る夜の間の現象には、一切心が留らなかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
て世を経るほどに、歌は文盲なる者の手に落ち入りて、いよ/\狭く、心浅きものになりて、詩の人情・世態・雅俗にわたりて言ひ通るに、けおされむとさへするに到れり。
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
天の原 ふりけ見れば、大君の御命は長く、天たらしたり(倭媛皇后——万葉巻二)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
あふりはおらんさんの事で、さすかさも、し蔽ふ笠の事だと言ふ説がある。笠が最後に王城の庭に樹ち、王始め群臣の集つて見て居る前で、おらんさんが、三十余り立つて踊る。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此大国主神の兄弟八十神ましき然れども、皆国は大国主神にりまつりき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
の夜の月がえて居た。若人たちは、今日、郎女の織りあげた一反上帛を、夜の更けるのも忘れて、見讃して居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
其が又、此えざえとした月夜を、ほつとりと、暖かく感じさせて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
葉牡丹のむらめたる二月かな
松本たかし句集 (新字旧仮名) / 松本たかし(著)
蚊遣火や夕焼むる淡路島
松本たかし句集 (新字旧仮名) / 松本たかし(著)
次の「一重の蝉の翼もへず」は、微細な感動を表した点に、彼の観照力の深さを見る。
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
幽顕 一重の蝉のへず。人のもたぬ吾まなこには
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
B○……海路に出でゝ、惶八神の渡りは、吹く風ものどには吹かず、立つ浪もおほには立たず、波の立ちふ道を……(同巻十三)
d 早敷哉 ふれかも、たまぼこの 道見忘れて、君が来まさぬ(はしきかもとも訓むべきかも知れぬ。)
其柱の下に立てかけられた竹の枝につけたや男女の形代は、雛祭りが東風輸入であつたことの俤を遺して居ると同時に、此笹が笠間神の依代である事を示すもので、枝にげられた繖は
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
テ。鏡ノゲルガゴトク。上下歯クイテ。口脇耳ノ根マデ広クケ。ニテ百入塗タルゴトクニシテ。額ヲ隠シ。振分髪ノ中ヨリ。五寸計ナルノ角。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
帆影リ 遠ク長天ノ勢ヒニ接ス
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
一丈あまりの車の輪の様なに、数多の竹のの放射したものに、天幕を一重或は二重にとりつけ、其陰に祇園巴の紋のついた守り袋をげ、更に其下に三尺ほどづゝ間を隔てゝ
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「天ゆく月を綱にさし」も、月の蓋の外に、巫女の月ごもりなるものを、此新室の葛根もてする如くして、おのが者として、かづき臥し給ふといふので、床入り際の歌である。
、天宇受売命海鼠に謂ひけるは「この口や、答へせぬ口」と言ひて、ひもがたなもちて、其口をきゝ。今に海鼠の口拆けたり。
なにしろ千鈞の鼎をもろにさうと言ふ力だからたまらない。(三国志、宝井馬琴)
方言 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
こんな話を残して行つた里の娘たちも、苗代田の畔に、めい/\のかざしの躑躅花をして帰つた。其は昼のこと、田舎は田舎らしいの中に、今は寝ついたであらう。夜はひた更けに、更けて行く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
畝傍山 昼は雲と、夕れば、風吹かむとぞ 木の葉さやげる
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
死ノヤウニ跨ガル コノ大街道ノ屋根ニエテ
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
謝名城大宜味村)の海神祭のおもろには「ねらやじゆ〔潮〕すい、みなと〔湊〕じゆゆい……」とあつて、沖あひの事をすらしい。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
師匠さまがつらつら亀卜卦面を案じまするに、すなわち、——富岳鳳雛マレ、五狂風ジ、喬木イテカル——とござりましたそうです
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……天つ宮事もちて、大中臣、天つ金木を本うちきり、末うち断ちて、千座置座におきはして、天つ菅曾を本刈り断ち、末刈り切りて、八針にとりきて、天津祝詞の太祝詞事を宣れ。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
次は床退りをした女、即、或年齢に達すると、女は夫を去つて、処女生活に入る信仰があつたが、さういふ様な女(三)。此床退りの女は、其以後の生活は、神に仕へるのである。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
大刀までこんなに、びついてしまつた……。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
私は語尾を多くの場合単音節に見たいので、「ほ・さぐ」と言ふ様な形は考へにくいのだが、此方面で考へて見ると、「ほく」とでも語源が説かれさうである。