“繖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かさ40.0%
きぬがさ20.0%
さん20.0%
キヌカサ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時は春の盛りで、雨のふる夕暮れに、彼はいつものように坡を見まわっていると、ひとりの女が上下ともに青い物を着けて、青いをいただいて、あとから追って来た。
山脈と呼ばれている。その一峰に、往昔、近江守護、六角、佐佐木氏の居城のあった観音寺山がある。その山頂にある観音寺は西国第三十三番の札所である。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)
嘿斎、すべて祭礼に用ふる傘矛といへる物は羽葆葢の字をり、所謂にして(きぬかさとよむ)神輿鳳輦るべき錦蓋也といへり。ありしが長ければく。
其柱の下に立てかけられた竹の枝につけたや男女の形代は、雛祭りが東風輸入であつたことの俤を遺して居ると同時に、此笹が笠間神の依代である事を示すもので、枝にげられた繖は
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)