“聚繖”の読み方と例文
読み方割合
しゅうさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは Cyme すなわち聚繖花序であった。これすなわち茶の花の花序が明かに聚繖花序であるという大切な発見である。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
梢に疎なる聚繖的分枝をなして、欠刻ある五弁の石竹咲白花を着け、花中に十雄蕋と五花柱ある一子房とを具えている。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)