“繖形花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんけいくわ50.0%
さんけいか50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いやにつく繖形花、わたしはおまへのに寢て、自殺者の聲で眼が醒めた。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
たい肌黒胡桃の木よ、海草の髮を垂れ、くすんだ緑玉の飾をした草原の池につて青くなつた念珠、ぼんやりとした愛の咽首めてやらうとするばかりの望、よくを結び繖形花
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
シモツケの繖形花も肉眼で見たところでは、あの一つ一つの花冠はさっぱりつまらないものであるが、二十倍にして見るとこれも驚くべき立派な花である。
高原 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)