“繖傘小提灯”の読み方と例文
読み方割合
きぬがさこぢょうちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に長きあり、横に広きあり、大文字にて番を表わし、種々の人形船やかた草花など、思い思いに彩色し、鉾吹流繖傘小提灯などを付け、力強くかつ気転ある者に持たせ、他の人々は提灯をもち
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)