“振分髪”のいろいろな読み方と例文
旧字:振分髮
読み方(ふりがな)割合
ふりわけがみ66.7%
フリワケガミ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“振分髪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
筒井つつゐづつ振分髪ふりわけがみの恋慕びと
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
あゝ、それがため足場を取つては、取替とりかへては、手を伸ばす、が爪立つまだつても、青いきれを巻いた、其の振分髪ふりわけがみ、まろがたけは……筒井筒つついづつ其のなかばにも届くまい。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
PR