“冴切”の読み方と例文
読み方割合
さえき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中空冴切って、星が水垢離取りそうな月明に、踏切の桟橋を渡る影高く、ちらちらと目の下に、遠近樹立の骨ばかりなのをめながら、桑名の停車場へ下りた旅客がある。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうして、見るからに外国製らしい銀色の十字型の短刀を夫人から渡されると、その冴切った刃尖を頭の上のシャンデリヤに向けながら、大笑いした自分の声を、今でもハッキリと記憶している。
けむりを吐かぬ煙突 (新字新仮名) / 夢野久作(著)