“冴返”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さえかえ66.7%
さえかへ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冴返るなどと云う時節でもないに馬鹿馬鹿しいと外套を立てて盲唖学校の前から植物園の横をだらだらと下りた時、どこでく鐘だか夜の中に波を描いて、静かな空をうねりながら来る。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
で、親まさりの別嬪冴返って冬空にかである。それでも、どこかひけめのある身の、のおめしも、一層なよやかに、羽織の肩もりとして、抱込んでやりたいほど、いとしらしい風俗である。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)